海外のレースの紹介

adj

レイド・ゴロワーズ

RAID GAULOISES 1989年 ~ 2003年

元々パリ・ダカールラリーに出場していたジェラール・フュジー(中にはジェラルド・フュシュールと呼ぶ人もいる)が、人力で挑戦するレースをと始めたレイド・ゴロワーズ。アドベンチャーレース界ではもっとも過酷で冒険レースの要素が強いレースとして知られ、世界トップクラスの冒険者達がこのレースに挑む世界最高峰の偉大なレース。
ジェラールが携わっていたのは89年のニュージーランド大会〜97年の南アフリカ・レソト大会まで。
【チーム構成】4~5人の混合チーム+2人サポート
【距離と制限時間】約950キロ、約10日間
【備考】04年以降、The RAIDとして生まれ変わり、アルゼンチン(04年)、フランス・イタリア・スイス(05年)とカナダ(06年)で開催。07年以降は開催されていない。

(アドベンチャースポーツマガジン2008ー山と渓谷社 参照)

adj

エコ・チャレンジ

ECO-CHALLENGE 1995年 ~ 2002年

アメリカのメジャーなテレビ局AXNと組み、アドベンチャーレースの存在を大々的にアピールしたエコ・チャレンジ。レイドと共に歴史を語る上では欠かせないアドベンチャーレースである。プレ大会はアメリカ・メイン州が舞台。賞金も高額であったことから世界中からトップチームが集結していた。冒険的要素が強いレイドに比べ、エコはスピードを求めたレースとして位置づけられた。のちに冒険要素が強くなる。コースクリエイターはマーク・バーネット。彼は、同レースだけでなく冒険要素の強い番組をカバーしている。
【チーム構成】5人の混合チーム+2人サポート、97年以降4人男女混合チームのみ
【距離と制限時間】約500キロ、約5〜7日間
【備考】02年、番組内の発言から選手とのトラブル発生。03年以降開催されず。

(アドベンチャースポーツマガジン2008ー山と渓谷社 参照)

 

adj

サザン・トラバース

SOUTHERN TRAVERSE 1991 ~

レイド、エコと共に“世界3大レース”として位置づけられ、現在でも開催されている歴史あるレース。Geoff Hunt(ジェフ・ハント)によって始まったこのレースは、ニュージーランドの南島の厳しい自然が舞台となり、完走するには、非常に高い技術と体力が必要とされる。世界各地からの強豪チームが集まる過酷なレースとして有名。
【チーム構成】4人の混合チーム+2人サポート
【距離と制限時間】約500キロ、約5~6日間
【備考】06年以降、レース形態が変わり、現在「サザントラバース」という名称で24時間のレースを開催。また08年以降は、3日間の「クラシック・サザントラバース」も開催される。

(アドベンチャースポーツマガジン2008ー山と渓谷社 参照)

adj

マイルド・セブン・アウトドア・クエスト

MILD SEVEN OUTDOOR QUEST (MSOQ) 1997年〜2004年

アドベンチャーレースとトライアスロンの要素を併せ持つレースとして、ドン・マンがレースクリエイターを務めていたマイルド・セブン・アウトドア・クエスト(MSOQ)。1DAYレースを4日間続けるレースで、完全にスピードを重視してコースが構成されている。インラインスケートや現地の伝統的なボートを使用しての移動、ガラス張りのビルからの懸垂下降など他では見られないセクションを導入したレースとしても知られる【チーム構成】4人の混合チーム、もしくは女性の代わりに50歳以上の男性を含むチーム
【距離と制限時間】4日間
【備考】97年は中国四川省、98年〜01年には中国雲南省、02年〜04年にはボルネオ、05年レース終了。

(アドベンチャースポーツマガジン2008ー山と渓谷社 参照)

 

adj

プライマル・クエスト

PRIMAL QUEST 2002 ~ 現在

莫大な資金が投入され大々的に告知しているビッグイベント“プライマル・クエスト”“ 。レースクリエイターはドン・マン。賞金が2千万円以上と高額なため世界中のトップチームが注目するレースである。また各チームにGPSトラッキング(移動経路)と衛星携帯電話を持たせ、公式サイトよりチームの動向をリアルタイムでチェックすることを可能にした。
【チーム構成】4人混合チーム+0〜2人サポート
【距離と制限時間】約800キロ、約6〜10日間
【備考】02年コロラド州、03年カリフォルニア州、04年ワシントン州、05年開催なし、06年ユタ州、07年開催なし、08年モンタナ州で開催。ロングレースの他、4〜6時間のスプリントシリーズが今年からスタート。

(アドベンチャースポーツマガジン2008ー山と渓谷社 参照)

adj

 

 

adidas TERREX Adventure Race

4日間のアドベンチャーレース。

adidas TERREX

adj

 

 

ARWS

アドベンチャーレーシングワールドシリーズ
少々お待ち下さい。

ARWS

 

adj

 

Ecomotion/Pro

Ecomotion/Pro

 

 

adj

 

 

ENDURANCE QUEST

ENDURANCE QUEST

 

adj

 

 

Expedition Africa

Expedition Africa

adj

 

 

GeoQuest

少々お待ち下さい。

GeoQuest

adj

 

 

GEAR

少々お待ち下さい。

GEAR

adj

 

 

GODZone Adventure Race

try – Definition: Often abbreviated to Godzone or less often Godzown, it is a phrase that has been used for more than 100 years by New Zealanders to describe their homeland. God’s Own Country as a phrase was often used and popularised by New Zealand’s longest serving prime minister, Richard John Seddon.

Many people believe that New Zealand is the spiritual home of adventure racing. With wilderness at most people’s doorstep and a culture of adventure embedded in the nation’s psyche, it was an easy marriage in the early days of the sport. Over the years New Zealand has produced some of the greatest racers the sport has seen and continues to do so. The Southern Traverse was a race that many aspired to complete during its 15 year long tenure and remains the longest running expedition event in history. It surely is no coincidence that New Zealand hosted the very first Raid Gauloises and then later, Eco-Challenge. No other country can boast such a strong history of true expedition racing.

Racers continue to seek new challenges and the opportunity to push their personal boundaries to the limit. With multisport producing both male and female athletes in unprecedented numbers in New Zealand and adventure racing continuing to grow overseas at a remarkable rate, the timing was right to once again host a race of international renown on these shores in the form of GODZone.

When Adam Fairmaid and Warren Bates, veterans of over 40 expedition races around the globe, got together to discuss the possibilities, they already knew what they wanted to achieve. The best experience for all participants and an event that understands the importance of balancing ‘adventure’ on one hand and ‘racing’ on the other. The races of yesteryear were often raw and wild, sometimes lacking in organisational prowess, but no less competitive for that fact. The modern generation of races have become more ‘race’ focused with physical difficulty and speed being the defining characteristics. Warren and Adam are aiming for the best of both worlds – in short, bring back the adventure, keep the attention to detail and let the competitors have highly competitive fun.

Milford Sound – Chapter 1Once the decision was made to run an event a name was required that defined what they were trying to achieve. This was much more difficult than they thought and caused, it is fair to say, a few headaches. Something that defined the unique magnificence of the countryside and gave the message to competitors that it was more than just a race. God’s Own Country was suggested by an inspired event Directors wife. Often abbreviated to Godzone or less often Godzown, it is a phrase that has been used for more than 100 years by New Zealanders to describe their homeland. This was quickly adapted to Orion Health GODZone, a moniker we hope captures the beauty of this country and the essence of the event.

This is third event or Chapter, as we like to call it, of GODZone. We strongly believe that each Chapter of the event should be unique in character and offer new challenges to returning teams and first timers alike. If we reveal the name now, the curious of you out there will be busy exploring areas we would rather you didn’t. Therefore, the Chapter name will remain hidden until the last couple of hours before the event begins. Adventure racers reminisce fondly and giving each Chapter a name will help people connect with the events as they look back on them.

GODZone Adventure Race

 

adj

Gold Rush Mother Lode

Gold Rush Mother Lode

adj

Huairasinchi

 

エクアドルが舞台のレース。2003年に初開催されたこのレースは、2014年にアドベンチャーレーシングワールドシリーズ世界選手権を開催予定。大会名となっている“Huairasinchi”は風の強さをあらわすネイティブな言葉。
【What is Huairasinchi?】
The Huairasinchi Adventure Race began in 2003 as an initiative of a group of young people who were looking for a new way of getting to know their country.
Huairasinchi is a word in the native Kichwa language that means “the strength of the wind” in English. It is much more than an adventure race; it is a life style that allows you to reach unimaginable goals and exceed both your physical and mental limits.
Huairasinchi is an adventure race that each year discovers the hidden corners of Ecuador. These are places that are extremely rich, not only naturally, but also because of their people and history. This race promotes the protection and respect for nature and has a "leave no trace” policy during the race, along with a conservation message that is transmitted through the act of the athletes planting trees along the competition’s route.
This Adventure Race encompasses several disciplines such as: mountain biking, trekking, paddling, fixed ropes, and orienteering; in 4 person groups, of either men only teams or teams composed of at least one person of the opposite sex.
Besides being an adventure race Huairasinchi looks to:

Promote Ecuador’s beauties through sporting events.
Promote a healthy life-style.
Promote conservation and respect for the environment.

【Healthy life-style】
In order to participate in an adventure race, it is indispensable to impose upon one’s self personal training goals and sacrifice beyond the race itself. Therefore, training for an adventure race demands a change in a person’s life-style and focus in personal effort and sports. Little by little, this change starts to transform the life of a person, since this requires improving one’s self esteem, enjoying more fully their life, and establishing personal goals.

【Management of natural resources】
Proyecto Aventura aspires to discover Ecuador’s true adventure potential. The places where the race occurs are places of indescribable beauty, which could function as potential areas in which sustainable adventure tourism could occur.

【Sustainable development】
In all of our events a lot of emphasis is focused on protecting the beautiful places that our races pass through. Our interest is in conserving the amazing places that Ecuador has to offer, so that they can serve as income sources for the country’s sustainable development. We wish these places can be preserved in their natural state so that future generations can enjoy them, and show the entire world the treasure they hold.

【Work with local communities】
Ecuador’s ethnic and cultural diversity allows us to work with communities from many regions of the country who still practice their traditional, ancestral customs. They are a fundamental part of Huairasinchi seeing as the races cross their lands, and thanking them in many ways for their generosity towards the racers:
In Loreto del Pedregal, Cotopaxi we helped by creating a library for the community when they generously received the general camp in their lands;
In San Rafael del Lago, we built thirty “cabellito de totora” reed boats so that the teams could paddle across the San Pablo lake. The community was trained to use these, providing them with a new activity that could represent economic benefits for the community;
When the finishing line was in el Juncal, we helped the community to improve their soccer field;
We built thirty-five wooden boats called “bogas” one year that later were left with the people of Babahoyo for their use;
When the race passed through the village of Selva Alegre, we provided school materials for the children in the community;
In the highlands of the Antisana volcano, we hired members of the community to work with us in the race’s logistics;
Additionally, all of Huairasinchi’s trophies are made in the communities that the race passes through, celebrating the local styles of artwork.
 

Huairasinchi

 

adj

Itera

Itera

adj

LYCIAN Challenge

2012年〜。
トルコで初開催されたLYCIAN Challenge。国際オリエンテーリング連盟の関係者中心となって開催されているレース。種目はトレイルランニング、トレッキング、ロープアクティビティ、ナビゲーション、マウンテンバイク、シーカヤック、スイミング、カヌー、キャニオニングなど。
【チーム構成】
【距離と制限時間】約400キロ、4日間

 

adj

ORDOS Adventure Challenge

RAID GAULOISES 1989年 ~ 2003年

元々パリ・ダカールラリーに出場していたジェラール・フュジー(中にはジェラルド・フュシュールと呼ぶ人もいる)が、人力で挑戦するレースをと始めたレイド・ゴロワーズ。アドベンチャーレース界ではもっとも過酷で冒険レースの要素が強いレースとして知られ、世界トップクラスの冒険者達がこのレースに挑む世界最高峰の偉大なレース。
ジェラールが携わっていたのは89年のニュージーランド大会〜97年の南アフリカ・レソト大会まで。
【チーム構成】4~5人の混合チーム+2人サポート
【距離と制限時間】約950キロ、約10日間
【備考】04年以降、The RAIDとして生まれ変わり、アルゼンチン(04年)、フランス・イタリア・スイス(05年)とカナダ(06年)で開催。07年以降は開催されていない。

(アドベンチャースポーツマガジン2008ー山と渓谷社 参照)

adj

Patagonia Expedition Race

少々お待ち下さい。

Patagonia Expedition Race

 

adj

PWC

2002年〜2008年、2010年開催

2001年にこのレースの構想が始まり、2002年の冬、初開催となったWINTER CHALLENGE。第1回目のレースは約100キロ。およそ100名が参加。その後、徐々にレベルが上がり、近年の種目はrafting in the adit basements, rope descending from ski jump, cave exploration, rope bridge crossing with bicycles, angle rope ascending or lake passages acrossとなった。基本的に冬をベースに開催される世界的にも貴重なアドベンチャーレース。
2010年はPoland Winter Challengeが2月に開催された。

PWC

adj

Raid in France

フランスを舞台に開催されている。2012年にアドベンチャーレーシングワールドシリーズ世界大会が開催された。

Raid in France

 

adj

Réunion d’aventures

少々お待ち下さい。

Réunion d’aventures

adj

Untamed New England

Untamed New England

 

adj

XTREMO 6000

少々お待ち下さい

adj

XPD Australia

2005年〜現在に至る。過去に介されていたエコチャレンジ、レイド、サザントラバース、そしてプライマルクエストのようなエクスペディションレース。18ヶ月間おきにオーストラリアの刺激的な場所で開催。XPDはアドベンチャーレース世界選手権ARの資格選考レースである。

XPD